実習紹介

講義科目で得た知識を実践し
技術を身につける。

栄養士として必要な基礎技術を確実に身につける

献立作成や栄養価計算は、栄養士の基本の仕事といえます。
ただ、栄養士の仕事は献立を作って終わりではありません。
人に喜んでもらえるように、おいしく・安全な食事を提供することが大切です。そのために、講義で得た知識について実習を通して実践していくことで確実に身につけていきます。

実習ピックアップ

献立作成/給食実務実習

給食実務実習

さまざまな給食施設を想定し、給与栄養目標量の算出、それに基づいた献立作成や大量調理技術、帳票類の作成を行います。
そして、食材・衛生・経営管理をふまえ、給食を実施・評価する一連の流れを大量調理において実施します。2年次には、校外実習も実施します。

調理学実習

調理学実習

包丁の持ち方に始まり、野菜の切り方・魚のおろし方等、それぞれの食材に適した調理法や食品の取り扱い方など、基礎から丁寧に段階的に学びます。
日本料理を中心に、西洋・中国料理や製菓など、様々な調理方法を学び、調理技術の習得とレベルアップをはかります。
理論に基づいた調理のできる栄養士を養成します。

栄養指導論実習

栄養指導論実習

栄養教育・指導を行うためのアセスメント、プランニング、カウンセリングの技法を学習します。
また、栄養教育・指導の効果を上げるために用いる教材や媒体の作成技術も習得します。

校外実習

給食・栄養管理業務を病院・保育所・会社事業所・高齢者施設等で体験し、実践的な知識と技能を身につけます。
この校外実習は2年次に実施されるため、1年次に学習した内容を実践を通して確認することができます。
学習の際には一人ひとりが『学習ノート』を作成し、予習や復習、記録することで、栄養士としての業務を体系的に学ぶことができます。

「校外実習」体験者の声

学校とは違う現場の空気を感じ、
栄養士としての働き方を学ばせていただきました。

設楽 和希さん

校外実習先:株式会社ニッコクトラスト

国際協力銀行で10日間の実習をさせていただきました。
実習内容は、食材の下処理や切さい、盛り付け、提供などです。
栄養士の役割として、栄養価のととのった食事を提供するだけでなく、現場の作業が円滑に進むように指示や段取りなど、マネジメントも重要な仕事だと実習を通して学びました。

Contact Us 各種ご相談・お申し込み・お問い合わせ

体験入学参加のお申し込みはもちろん、気になることがあれば、何でもご相談ください

アクセス

織田栄養専門学校
〒164-0001 東京都中野区中野5-30-4
JR中央・総武線、東京メトロ東西線 中野駅 北口徒歩2分