織田栄養専門学校 >  学校紹介 > 校長メッセージ

検索結果

校長メッセージ

名倉 千恵子 校長
21世紀の食文化の担い手を育てます。

日本は男女ともに世界トップクラスの長寿国ですが、生活習慣病などが急増する今、ただ長寿であればいいというだけではなく「健康寿命」の延伸が求められています。
そのため食と健康について子どもの時から正しい知識を持つことが大切であるといえます。食育基本法が制定され、国の施策として食育が積極的に取り組まれるようになってきました。この食育の推進のために、栄養についての正しい知識と指導力を持った栄養士が必要とされているのです。
栄養士の活躍する分野は保健・医療・福祉・介護・産業・教育等と多岐にわたっています。本校では、どの分野においても即戦力として活躍できる栄養士を養成するために、講義では高度な知識を多角的に習得し、さらに演習・実験・実習を通して実践力と自ら考え進めていく応用力をつけることができるようカリキュラム構成を行っています。
特に本校の特徴でもある、選択演習や卒業研究は自分の将来に向けての方向性を見極め、探求心や仲間との協調性を養うことに役立つと、確信しています。そして、個々人の能力を120%引き出し、社会のニーズに対応できる学生を育てたいと、教員一丸となって取り組んでいます。
「食べることが好き」「料理が好き」「健康でありたい」「栄養って何?」などと興味があり、栄養士を目指してみたいと考えているみなさんとの出会いを待っています。