織田栄養専門学校 >  就職・資格 > 栄養士とは

検索結果

栄養士とは

みなさんが毎日を健康的に暮らすためには、体のメンテナンスが大切です。
年齢に応じた身体の成長や健康を維持していくためにも、必要な栄養素をバランスよく摂ることを心がけたいものです。

みなさんは小学生の頃に食べた給食を覚えていますか?
印象に残っている、大好きだった献立を覚えていますか?
学校でみなさんが食べた給食の内容は栄養士が考えたものです。
もちろん学校給食だけではありません。病院や福祉施設、エステやスポーツなど、様々な場面で栄養の指導、食品の保存方法など、幅広い専門的知識を持ってあなたの身体のメンテナンスのために力強いサポートをしてくれるのが栄養士なのです。
 

国家資格「栄養士」とは

厚生労働大臣の指定した栄養士養成施設、あるいは管理栄養士養成施設において、2年間以上栄養士としての必要な知識及び技能を修得し、都道府県知事の免許を受けた者を指します。
「栄養士」の名称を用いて栄養の指導に従事できるのは、栄養士法により栄養士の国家資格を取得した者とされています。

厚生労働大臣に指定された養成施設以外では免許を取得することはできません。
また、通信教育や夜間に開かれる学校は現在のところ認可されていません。
過去には国家試験も行われていましたが、現在では廃止されており、栄養士の国家資格を取得するためには、いずれかの養成施設で学ぶことが必要です。
栄養士免許

代表的な栄養士の職場

【病院】
治療の為に重要な栄養管理・食事療法を行います。患者さんの治療の一貫として給食管理を行い、食事を提供。食事を通して患者さんの病気の回復に貢献しています。
【学校】
学校栄養職員として栄養管理、食の大切さを教えます。学校教育法に基づいた安全でおいしい給食を提供し、児童生徒の心身の健全な発達を促すとともに栄養教育を行います。成長期の子どもたちの健康的な食生活をサポートし、食の大切さを教えることのできる仕事です。
【保育所・幼稚園】
乳幼児が対象とな保育所、児童養護施設、幼稚園などの施設で、栄養基準に基づいた給食を提供します。給食形態は施設によって異なります。通常の給食の他に、調乳や離乳食、おやつ、アレルギー食などがあり、食事の管理により健康と成長を助ける手伝いをします。
【食品会社】
乳製品・冷凍食品・製粉・製菓・食肉加工など多種多様な分野があります。お客様へ安心で安全な食品を提供するために、栄養面や衛生面はもちろん、おいしさや健康面も研究し、新製品の開発などを行います。
【スポーツ関係】
スポーツクラブやフィットネス施設等で栄養管理・指導を行い、ベストコンディションを維持するために最適な食事摂取方法や、自己管理方法の指導を行います。生活習慣病予防など健康維持にも貢献できます。

これら以外にも、健康への関心が高まる現代において、栄養士の活躍の場は多種多様に広がっています。

栄養士免許を取得するには

栄養士免許を取得するためには、厚生労働大臣から認可・指定された栄養士要養成施設に入学し、卒業しなくてはなりません。
指定されている栄養士養成施設には以下の種類があります。

1. 大学(管理栄養士養成施設/栄養士養成施設):修業年限 4年
2. 短期大学:修業年限 2年
3. 専門学校:修業年限 4年・3年・2年 *学校学科により異なる

本校はこのうち3の専門学校(2年制)となります。

なお、いずれの養成施設を卒業しても「栄養士」の資格に違いはありません。

栄養士養成施設について

栄養士になる道は大学・短期大学・専門学校など様々ですが、学校の種別に関わらず、履修内容については厚生労働大臣により厳密に規定されており、授業時数やカリキュラムの単位数等も明確に定められていますので、履修しなければならない科目はどの学校でも同じです。(栄養士免許取得のためには62単位の履修が法律で規定されています。)

では、これらの養成施設にはどのような違いがあるのでしょうか? 修業年限ごとに主な特徴を記します。

【4年制課程: 大学】
大学ではこの4年間をかけて、栄養士免許必修科目62単位に加えて、一般教養などの大学独自の単位を履修します。
そのため全体の授業数の中での栄養士に関する授業の割合がどうしても少なくなってしまいます。
しかし、時間的な余裕を作りやすいので、栄養士免許と並行して、教員免許などの資格取得も可能になっています。

【2年制課程:短大・専門学校】
修業年限2年間で62単位以上のカリキュラムを学びます。62単位を下限に、各学校ごとに独自の科目が設定されています。(本校では卒業までに計79単位を履修するカリキュラムを編成しています。)
毎日授業が詰まっていて忙しい一方で、実習や実験で学んだことを応用し、記憶に新しいまま就職活動に挑むことができるので即戦力ある栄養士を目指すことができます。
また、一刻も早く社会に出て、実地で実力を養いたい人には2年制課程が向いていると言えるでしょう。
しかしもっと時間をかけて研究したい分野があった場合には、2年間のカリキュラムでは短いと思うこともあるかもしれません。

その点については、多くの2年制学校で「大学編入」の道を用意しており、フォローすることが可能です。

「食と健康」のプロを目指そう

「食」は生きていく上で必要不可欠なものであると同時に、豊かな楽しみでもあります。
そして、そんな「食」を将来にわたって楽しんでいくためには「健康であること」がとても大切です。

栄養士は人々が日々を健康に過ごすためのアドバイスを、「食」を通じて行うことのできる専門職です。

自分も含め、その効果が直接的に実感できる分野なだけに、仕事のやりがいもとても大きく、また、日頃何気なく口にしている食品や料理のことを深く知り、たくさんの新しい発見をすることのできる分野でもあります。
もちろん自分自身のライフスタイルを見つめ直し、改善することもできます。

是非、そんな「食と健康のプロ:栄養士」を目指してみませんか?