織田栄養専門学校 >  学科・実習 > 実習紹介

検索結果

実習紹介

講義科目で得た知識を実践し
技術を身につける。

献立作成や栄養価計算は、栄養士の基本といえます。そして何より、人に喜んでもらえるように、おいしく・安全な食事を提供することが大切です。そのために、講義で得た知識について実習を通して実践していくことで確実に身につけていきます。
講義科目で得た知識を実践し 技術を身につける。

実習ピックアップ

献立作成/給食実務実習

さまざまな給食施設を想定し、対象者の栄養摂取量の算出、それに基づいた献立作成を行います。そして、食材・衛生・経営管理をふまえ、給食を実施・評価していきます。この一連の流れを大量調理において行います。2年次には、校外実習も実施します。
献立作成/給食実務実習

調理学実習

まずは包丁の持ち方に始まり、野菜の切り方・魚や鶏のおろし方等、それぞれの食材に適した調理法など、基礎を段階的に学びます。その後、日本・西洋・中国料理と製菓の4ジャンルにおいて実際に調理し、調理技術を習得&レベルアップさせていきます。
専門の教員が実習を指導し、しっかりと調理ができる栄養士を育成しています。
調理学実習

栄養指導論実習

栄養指導を行うためのカウンセリング法、また、それを効果的に伝えるための手法、媒体作成を学びます。
栄養指導論実習

校外実習

栄養士の仕事である給食・栄養管理業務を現場(給食施設)で体験し、実践的な知識と技術を身につけるのが「校外実習」です。

「校外実習」体験者の声

食べる人の心にふれ思いやりの大切さを実感しました。
大森 マリー [東京都 鷺宮高等学校出身]
私は、介護老人保健施設「ふれあいの町田」で12日間、実習をさせていただきました。実習内容は、配膳車や食札カードの消毒、食器類のセット、料理の盛り付け、配膳と下膳などです。入所者様からいただいたお礼のメッセージカードを見て、単に頭で考えて作るだけではなく、食べる人のことを思いながら作業することが大事だと実感しました。社会に出たら、思いやりのある栄養士を目指したいと思います。
大森 マリー [東京都 鷺宮高等学校出身]